マーキュロップのメリット・デメリット

マーキュロップのデメリット

マーキュロップではリターナルボトルを採用しています。
リターナルボトルとは使用済みボトルを回収して、再利用するタイプのことです。
再利用といってもきちんと殺菌・消毒するため衛生面には何も問題ありません。
ただ、回収業者が訪れるまでボトルを家で保管しておく必要があります。
その保管スペースを確保しないといけないというのがマーキュロップのデメリットです。
ボトルをたくさん使用するご家庭だとどんどん増えていくので邪魔に感じることもあるでしょう。
再利用できるボトルなので環境には優しいですが、こういったデメリットがあるので自分に合っているのかどうかを考えてから判断してください。

そして、ランニングコストが他社よりもあまり良くありません。
配送料は無料ですがサーバーレンタル料がかかります。
サーバーレンタル料は通常の床置きサーバーだと500円、スリムタイプの床置きサーバーだと500円、卓上タイプのサーバーだと500円です。
しかも、水を購入しない月はレンタル料がそれぞれ1000円にアップしてしまいます。
そのため、いつも水を使っているファミリー層にはいいかもしれませんが、出張で家を空けることが多い単身者には不向きといえます。

 

|  マーキュロップのメリット |  マーキュロップのデメリット |

 

 

Page top

 

ステラの贅沢青汁
青汁