美味しさを追求するなら天然水がおすすめ

ウォーターサーバーの水は大きく分けて「RO水」「天然水」の2種類あるので、まずどちらがいいのか選ぶことになります。 そこでもし美味しさを追求するなら天然水がおすすめです。 RO水とは水道水などをろ過して、ミネラルを後から加えた純水に近い水のことで安全性が高い、ミネラル分が少ないといった特徴があります。 一方、天然水は最低限しか人の手を加えずに製造された水で、美味しさもミネラル成分もそのままです。 このような特徴が両者にはあります。 飲み比べるとハッキリとどちらかが美味しいか分かります。 天然水は原水そのままの味を楽しむことができるので、RO水よりも美味しいと感じる人が多いです。 さらにミネラル成分が豊富なので健康にもいいです。 毎日飲み続けるものだからこそ、味にはこだわった方がいいです。 いくら安くても美味しくないのであれば飲みたいと思えないのでウォーターサーバーを設置した意味がありません。 ただ、お金だけを支払うことになるため、それなら利用しない方がいいです。 天然水のウォーターサーバーなら美味しい水を手軽に飲むことができます。 ウォーターサーバーによって天然水の種類も違うため、自分に合った水を探す楽しさもあります。

 

 

 

 

天然水のメリット

天然水の最大のメリットはなんといっても「味」です。
ミネラル分がたくさん詰まっている水だからこそ堪能できる深い味わいはRO水では再現することができません。
RO水の場合、飲んでいると飽きが来てしまうことがありますが、天然水は同じ味でも飲み続けることができます。
天然水の口コミの中にはジュースばかり飲んでいた子供がウォーターサーバーを設置してから天然水を飲むようになり、
ジュースを飲まなくなったというコメントも見かけます。
そのくらい美味しい水なのでご家庭でウォーターサーバーを利用するなら天然水の方がいいのではないでしょうか。
さらにミネラル成分が豊富なので美容と健康にもいいです。
ミネラルが不足すると肌荒れを起こしたり、体調を崩すようになりますが、そう簡単に補えるものではありません。
食べ物から補おうとすると食事内容に気を遣わないといけないので、料理を普段しない人だと非常に難しいです。
しかし、天然水のウォーターサーバーなら水を飲むだけで不足しがちなミネラル成分を手軽に補うことができます。
有名な産地の水を自宅で簡単に楽しめるというのも天然水のメリットだといっていいでしょう。
そして、普通にそういった有名産地の水を購入するよりも安く飲めます。

 

 

天然水のデメリット

天然水の中にはミネラル成分がたっぷりと入っていて水の硬度が高い種類もあります。
日本人はミネラル成分が多い硬水よりも少ない軟水に慣れているため、
あまりにも硬度が高い天然水を飲むと飲みづらく感じるケースも珍しくありません。
場合によってはお腹を壊してしまって、下痢を引き起こす可能性もあります。
さらに赤ちゃんが飲んでしまうと健康に悪影響を及ぼす恐れがあるので、硬度が高い天然水はミルク作りに使用してはいけません。
そのため、赤ちゃんのミルク作りに使用したい場合はミネラル成分が少ない軟水の天然水を使用してください。
そして、RO水とは違って最低限のろ過・殺菌処理しかしていないため、完全に不純物が除去されている訳ではありません。
安全面には問題ありませんが、RO水と比較するとどうしても安全性は低くなります。
安全面を重視して水を選びたいという人は天然水ではなく、RO水を選んだ方がいいでしょう。
天然水というとメリットばかりが目立ちますが、こういったデメリットもあるので注意してください。
取水場所次第で硬度・味・安全性などが異なるので、それぞれの特徴を把握してから決めるようにしましょう。
そうすることによって自分に合った天然水を使用することができるはずです。

 

 

天然水ウォーターサーバーの選び方

天然水のウォーターサーバーを選ぶ場合、水の産地には必ずこだわりましょう。
取水場所によって味が異なるので、自分に合ったものを探してください。
人それぞれ味覚が違うため、評判が良くても自分にとっては飲みづらいと感じたり、美味しくないと思うことがあります。
そういったミスマッチを防ぐためにも口コミを参考にしたり、自分が生まれ育った地域の水を選ぶというのも1つの方法です。
赤ちゃんのミルク作りにも使いたい人は軟水の天然水を選びましょう。
硬水の天然水だと赤ちゃんがお腹を壊す恐れがあるので使うのは非常に危険です。 あまりにも硬度が高い水だと大人もお腹を壊すことがあるので硬度にはくれぐれも注意してください。
もし、赤ちゃんに影響がないのか分からない場合は直接業者に問い合わせてみるのもいいかもしれません。
コストが高いウォーターサーバーだと使いつづけることができませんし、
お金のことが気になって遠慮をしながら使うことになります。
比較的天然水のウォーターサーバーはRO水のものよりもランニングコストがかかりますが、
探せば安いものもあるのできちんと比較するようにしてください。
ただし、安さばかりにこだわりすぎると水の質やウォーターサーバーの性能が悪い可能性も出てくるので注意しましょう。